痔の治療法には、薬をメインに治療する「保存療法」と、手術などが伴う「外科的療法」があります。ほとんどの人は、できることなら手術などしないで治したいと思っていることでしょう。しかし、すべての痔に保存療法が効果があるわけではありません。では、保存療法が向いている痔はどのような痔かというと、主に裂肛(切れ痔)の場合です。裂肛(切れ痔)とは、その名の通り、肛門管が切れたり裂けたりする痔のことです。切れ痔になる原因は主に便が硬いことですが、ほかに肛門が狭い、便秘、下痢などもあり、女性にとってはいぼ痔の次に多い症状です。排便の時に出血して非常に痛み、排便後もしばらく痛みます。この切れ痔の約90%に保存療法が行われます。使用される薬には、座薬や軟膏などの外用薬と内服薬があり、これらを症状に応じてうまく使い分けて痛みを抑えるようにします。外用薬には、ステロイド系と非ステロイド系があり、ステロイド系の薬は炎症や痛みを抑える効果が高い反面、副作用を起こすことがあるので、急性期に使用します。また、痛みで緊張し、肛門狭窄を起こして症状が悪化している場合には、ニトログリセリン軟膏が使用されることもあります。保存療法では、薬を処方するだけでなく、排便指導や便秘などをしないための生活指導も一緒に行いますが、痛みが激しい場合や保存療法で効果のない人には手術を行います。なお、切れ痔以外にも、症状が悪化していないいぼ痔などにも保存療法が行われますー